社員研修は新人が入ってきたときに行うほか、定期的に実施することで社員の質を向上させることが大切です。最近ではeラーニングやグループワークも取り入れられるようになりましたが、どのようなメリットがある方法なのでしょうか。

eラーニングでの社員研修

eラーニングはウェブ上にテキストを用意しておき、社員が個々にアクセスしてテキストを読む形で行われるのが特徴です。このような社員研修はどんな目的で使うと効果的なのでしょうか。万能な方法ではないので優れた使い方を知っておきましょう。

覚えさせるべき内容の研修に最適

外勤や時間外の労働者が多い現場で使いやすい

入社や退職が多い現場でも便利

グループワークによる社員研修

社員研修は講義スタイルのものが多かったものの、テーマを設定してグループごとに取り組ませる方式もよく行われるようになってきました。グループワークをすると社員に対してどのような効果を期待できるのでしょうか。

結束力を高められる

社員研修を行う場合、積極的にグループワークを取り入れた研修にしましょう。テーマに対して皆で話し合い、一つの結論に導くことは重要です。コミュニケーション能力のアップにつながりますし、結論を導き出すな…

もっと見る »

コミュニケーションが円滑になる

グループワークによる社員研修は、職種にかかわらず社員間のコミュニケーションを円滑にする効果が期待でき、普段顔を合わせる機会が少ない人と親睦を深められるという魅力があります。社員研修に適したグループ…

もっと見る »

寺院の修行で「社員研修」

社員研修は、その会社の一員としての自覚を持たせたり、スキルを伸ばすために行われます。新入社員は必須であることが多く、寺院での修行など、ユニークなものも登場しています。

互いの理解が深まる

得意なことを見極められる

グループワークによる社員研修は、互いの理解を深められるのも大きなメリットです。業務を円滑に進めていくためには、社員同士で上手くコミュニケーションをとることも必要になってきます。グループは5~6人程度、社員数が少ない場合は3~4人で分けても良いでしょう。同じ企業に集まったとしても人それぞれ個性は違うものです。リーダーシップを発揮するのが得意な人もいれば、裏方でサポートに回るのが得意な人もいます。相手の得意なことを見極められるのもグループワークの特徴です。適性を見ながら仕事を振り分けていけば、業務もスムーズに進められます。一つの課題に複数名で取り組むことで、チームプレイのスキルも磨けるはずでしょう。

社員研修の目的を明確にしておく

互いに理解を深めるためには、社員研修の目的を明確にしておくことも大事です。研修の方向性が定まっていないと、グループワークの効果も上がりにくくなってしまいます。研修で何を学んでほしいのか、具体的な目標を決めておきましょう。進行中は各グループを見回りつつ、全員が発言しやすいような雰囲気作りも大切です。課題で行き詰ってしまったときは、必要に応じてこちらからアドバイスや助言を出していきましょう。研修後のフィードバックでは参加者全員で流れを振り返っていきます。個人の良かったところや課題点を共有することで、互いの理解も深められるはずです。社員研修の内容で迷ったときは、グループワークをぜひ取り入れてみて下さい。

© Copyright Learning & Development Report. All Rights Reserved.