覚えさせるべき内容の研修に最適

時間や場所に左右されない

eラーニングを導入すれば、社員研修を効率的に進めることが出来ます。教材の配信をはじめ、テストの実施やアフターフォローまで幅広く対応できる強みがあります。受講促進やコミュニケーションツールまで備えており、継続的な研修に役立てられます。eラーニングはオンライン学習なので、パソコンやタブレット、スマホがあれば何処ででも受講可能です。研修側も場所を選ばず、説明資料などを簡単にアップできます。それにより大幅な時間や労力、コストの削減につながります。例えば、ビジネスマナーやコンプライアンス研修など、その都度開催する必要がなくなります。eラーニングでは動画をアップロードすることも可能で、新人研修教育など覚えさせるべき教育に役立てられます。

社員研修の均質化が図れる

eラーニングは集合研修の予備学習としても利用でき、研修の知識定着性が向上します。学習の質も均質化されるため、講師等によるばらつきリスクが減少します。組織の規模が大きくなると、地域や部署ごとの研修が一般的になります。特にコンプライアンス研修で研修内容にばらつきがあると、企業のイメージを損ねる事態を招きかねません。一方、研修の均質化を図れれば、そうしたリスクが軽減されます。加えて、eラーニングには豊富な教材が揃っているのも魅力です。ビジネススキルをはじめ、語学やデザイン、情報セキュリティなど必要なものが揃っています。また、研修の均質化と同時に、社員一人ひとりに対する、個別のサポートも行いやすくなるのもメリットです。eラーニングのオンラインシステムを使えば、時間や場所に左右されずサポートが受けられます。

© Copyright Learning & Development Report. All Rights Reserved.