入社や退職が多い現場でも便利

eラーニングはコストカットに繋がることもある

eラーニングは、今や業種にかかわらず、全国の民間企業の社員研修に欠かせない方法のひとつとして注目が集まっています。eラーニングを導入するメリットには様々なものがありますが、従業員の入社や退職が多い現場にも取り入れやすく、研修コストを最小限に抑えることができます。また、eラーニングには多種多様な教材が用意されており、自社内で教材を製作するだけでなく、外部の専門業者から必要な教材を購入することも可能です。最近では、営業や事務、経理だけでなく、技術的な分野のeラーニングの教材も続々と登場しています。そこで、適切な教材を選定するにあたり、ライバル企業の導入事例に目を通したり、法人向けのサポートが充実している教材の開発元に問い合わせをしたりすることがおすすめです。

空いた時間を使って知識の習得ができる

eラーニングは、それぞれの職場内で手が空いた時間を使って体系的な知識の習得ができるため、わざわざ集合研修の時間を設定する必要が無いという魅力があります。eラーニングの教材には、新入社員から管理職まで様々な立場の社員を対象としたものがあり、研修の対象者やテーマに合わせて、使い勝手の良いものを導入することができます。eラーニングの教育効果については、それぞれの教材の内容やカリキュラムなどによっても異なるため、慎重に様々な教材のメリットとデメリットを判断することが重要です。その他、eラーニングの操作をスムーズに行うために、一定のパソコンのスキルが求められるケースもあり、事前に研修の対象者のスキルを確認しておくと良いでしょう。

© Copyright Learning & Development Report. All Rights Reserved.