外勤や時間外の労働者が多い現場で使いやすい

社員研修に効果あり?eラーニング導入のメリットを知ろう!

パソコンやスマートフォンなどを活用するeラーニングは、多くの企業で実践されている学習方法です。企業のさまざまな分野で導入されているeラーニングですが、特に社員研修において効果を発揮するといわれています。多様な年齢や立場の社員に対して、新人向けのビジネスマナーや社内コミュニケーションの相互理解、そしてマネジメント研修ややコンプライアンス教育など幅広く対応できることは、eラーニングの特徴といえます。企業側は、集合研修では難しかった社員の学習効果を数値化して把握できるので、社員のレベルを伸ばし利益向上につなげることが可能になります。また集合研修を開催する場合に発生する会場手配の手間や時間、そして費用などを削減できるというメリットもあります。

我が社も導入する?社員の特性とeラーニングの相性を知ろう!

eラーニングの社員研修では、時間や場所の制限がなく学習することができます。集合研修のように同じ場所同じ時間にいる必要がありません。そのため外勤の社員や時間外労働の社員が多い職場では、使いやすい研修方法といわれています。社員側のメリットとして研修場所への移動や、仕事のやりくりなどの必要がなくなり、時間を有効に使えることが挙げられます。また合間時間を利用しての学習など、自分ペースで学べることもメリットといえます。そして自分の進捗状況を管理できるので、理解が十分ではないと思えるコンテンツを何度も繰り返して学習することもできます。eラーニングの社員研修は、社員のモチベーション、そして向上心を高める効果も期待できる研修方法といえるでしょう。

© Copyright Learning & Development Report. All Rights Reserved.