結束力を高められる

グループワークを積極的に取り入れる

社員研修を行う場合、積極的にグループワークを取り入れた研修にしましょう。テーマに対して皆で話し合い、一つの結論に導くことは重要です。コミュニケーション能力のアップにつながりますし、結論を導き出すなかで十分な知識と理解が得られるようになります。ここで重要なのは全員の意見を引き出すことです。何人かのグループの場合、特定の人だけの意見で結論が導き出されてしまう場合があります。しかし、違った意見も十分に聞くことも重要な研修となります。特定の人の意見だけでは、偏った結論しか導き出されない場合があり、それが仕事にも持ち越されてはさらに悪影響となってしまいます。確かに発言の少ない人もいるでしょうが、順番で意見を言うなどの工夫をして有意義な研修にしましょう。

グループワークが重要な理由

研修の段階からグループワークでコミュニケーション能力を身に付けることは、大変重要です。なぜなら現代の仕事は個人で完結ものは非常に少ないからです。大手企業では、一つの仕事に対してプロジェクトを組んで行います。個人では出来ない様なことも、プロジェクトならば成功する確率が高くなります。専門的な研究も同じようにプロジェクトで、新しい発見が生まれています。このプロジェクトを成功させるためには、全員の結束力を高めることが必要で、それは研修のグループワークでも同じです。グループワークを行うことで結束力が高められますし、リーダーシップ能力も向上します。
力を結集することで新しい仕事を成功させるために、日頃の研修でもグループワークを取り入れましょう。

© Copyright Learning & Development Report. All Rights Reserved.